So-net無料ブログ作成

事件は井戸で起こった

もうすぐ始まる2012年の育苗の準備に取り掛かり始めたところに事件は起きた。

妻が水が出ないという。

その日の午前中はボカシ肥料の
水分が足りなくなって発酵が止まりかけていたので
水をジャバジャバ使っていたのに・・・。


我が家は井戸にすべての水を依存していて
市の水道は来ていないから使えない状態。


ポンプの不調か?
ポンプをいじくり回すも、どうやらポンプは悪くない。
水道管が地下で破裂している?
見て回っても、明らかに水が染みだしているようなところもない。


まさか?
と思いつつも井戸を上げると…。


あぁぁぁ、水がほぼ干上がっている・・・。


ここの所の渇水で干上がったのか、
はたまた地震の影響で水脈が変わったのか?


なんにせよ水がわき出ていない。



市の水道を引きこむとなると35万円はかかるという。
痛い!痛すぎる!!

何とかできないか?
と知り合いの水道業者さんに泣きつくと、

ダメもとで井戸に降りて、そこをさらって掘れるだけ掘ってみるか?

ということで
梯子とウィンチを借りていざ井戸堀へ。
DSC_0446.JPG

DSC_0447.JPG

結局、井戸の底は堅い硬い岩盤で、まったく掘ることができず
すこし泥や砂利をお掃除して終わり・・・。
涙涙の水道設置の決断・・・。

さあこれを読んだ皆さん、野菜セットの購入してください!
結構マジでお願いします!!


そして
そんなこんなのバタバタで進んでいなかった
育苗の準備をやっと今日再開できました。



分かりづらいかもしれませんが、
120cm×540㎝の溝を掘り、
そこに断熱材を敷いて土を被せ、そこに電熱線を設置。

DSC_0448.JPG

そして電熱線が均等に隠れるように土を被せて温床の出来上がり。

DSC_0448.JPG

電熱線温床の設置は初めてだったので
段取りが悪く、途中で「あ!これじゃダメだ!」などのやり直しもあったりで
大した作業じゃないのにスゴイ手間取りました。

まあ、なんとか準備はできました。
あとは試運転してみて温度が安定するかどうか確かめてから
イヨイヨ種蒔きです!


しかし風邪だ、井戸だ、と週末を潰されており早速作業が遅れ気味。
こんな時はイライラするし、気ばかり焦って段取りいい加減に作業して
余計な失敗して・・・みたいなスパイラルに陥りがち。

落ち着いて、着実に挽回していこう!!


というわけで、皆さん野菜セットよろしくお願いします!
詳細はこちら
http://be-happy-farmer.blog.so-net.ne.jp/archive/20111004


始まりの準備

ここの所全国的に寒いみたいですね。

僕の住むあたりは奇跡的に積雪を免れ続けております。
でも寒さは茨城県TOP3には入るんのではないかという勢いで
今朝も家の中の水道という水道が凍結してしまい、
朝から水が使えないという事態でした。

DSC_0449.JPG

蛇口をひねって
「あー、凍っちゃってるわー」
と放置していたら滴った水でつららが出来ました(笑)。

「冬の風物詩ですね」と言ってくれる方がいたので
そういうことにしてちょっとでもプラスにとらえときます。


さてさてそんな寒さの中、
着々と季節は進んでいるはずで、
もう来週には2月に突入します。

2月になるといよいよ今年の本格的な野菜作りのスタートです。
今日は一通り2月に蒔く種とその関連関係の種が届きました。

DSC_0450.JPG

水菜やチンゲン菜などの軟弱葉物野菜から
なす、トマト、ピーマンまで。
(写真以外の種もいっぱい)

ハウスで温床とトンネルを使って、温度を管理しながら
春夏に向けて苗を育てます。


「いよいよ始まる」という高揚感と不安と緊張と入り混じる気持ちで種を仕分ける。
さあ、週末はいよいよ温床作りだ!

学ぶ

先日、有機農家の先輩たちが企画してくれた
「有機農家オンライン圃場見学会」に参加しました。

skypeとgoogle+を使って
資料を共有しながら
複数回線で担当農家さんの経営や栽培についての
発表や質疑応答。


参加メンバーは
雑誌等で拝見したことのある新規就農してから10年以上の大先輩がたくさん!
そして有機農業界でその名をはせている金子さんまで。

いやはや贅沢贅沢。


勉強会の時は自宅のPC前とはいえ
もう話を聞き漏らすまいと必死。
音声での情報量の上に、チャットでの情報も流れるから半端ない。
2時間半の勉強会が終わってから頭がギンギンにさえて寝つけなかった(笑)。


今回は長野の大先輩の方で
売上などの経営・数字も圧倒的だったが
何より感銘を受けたのは
とにかく自分の理想を具体的にイメージが描かれていて
そのイメージを具現化されてきていること。
またその理想が非常に人間味あふれる想いと、熱い志から描かれており
如何に家族にとって幸せな日々となるか、
自分の周囲の人にとって快適な農場となりえるかというところに軸が置かれているようでした。

それでいて野菜の栽培に関しては
非常に科学的に分析されており、分析を活かした工夫を取り込んでいらっしゃるよう。


感動しました。


勉強会でモチベーションが上がって
金曜日にガシガシ働くも、ここの所体の内にこもってしまっている風邪が
ぶり返して土日はまたまたダウン…。情けなし!!!

布団の中で
小祝氏の本を読み返してお勉強。


研修中に呼んだ時は「??!!??」くらいの理解度だったのが
いま読み返すと「!!!!!!」。→遅いっ(笑)

小祝氏の教えをある程度理解したところで
これを実践する方法を模索中。
頭で理解するのと実践するのとが大きく違う!
いきなり全部、小祝氏方式に変えるとペースを乱してグチャグチャになりそうだから
まずは教わった方法をベースに、取り込めるところから少しずつ試行錯誤していきたいです!

さてただ今仕込んでいる発酵肥料!
60℃以上に発行しており切り返しで湯気もうもう。
少し温度下げなきゃ!
DSC_0442.JPG

失敗?

「失敗?このやり方では上手くいかないということが分かったのだ。」

でしたっけ?エジソンのセリフ。


去年の晩秋頃から
冬の寒さの恐怖で、とにかく何がこの冬に畑に残せるかと考えていました。

種苗メーカーの方に
カブと水菜をトンネル(畑に作れる簡易小型ハウスみたいなの)で
作れるか聞いてみたが回答は
「トンネル使っても年内取りが限界」


んなもん、やってみなと信じない!(信じたくない!)と息巻いて
わざわざ資材を使って挑戦。


結果は
DSC_0441.JPG
カブ:OK!
水菜:NO!


今回は意外に凹まなかったです。
もうね、できるかな~?どうかな~?どうしようかな~?
なんて悩んでいる状態は時間も無駄。動きも遅くなる。他のことが進まない。
と良いことは何もない。


今回みたいに真冬に水菜は無理!
とはっきりした結果が出れば、今年はもうこのことでは悩まない。

そう考えると今回、チャレンジしてはっきりとした結果を得られて
非常にすっきりしました。


ダメになった水菜は抜き去って、カブの種を播種。


経験を積むとはこういうことなのかな。

寒い!美味い!

もう皆さんも飽きたかもしれませんが、寒いです(笑)。
自分がこれほど寒さに弱いとは思わなかった・・・。


いとも簡単に「常夏の島に住みたい」などと現実逃避をしちゃいます。


まあ、現実から逃げても良いことはないので
ベトナムとかプーケットとか思い出しながら
畑仕事に励んでいます。


最近は収穫に時間かかりまくりです。

DSC_0411.JPG

これなんだと思います?

はいそうです。ネギです。
初冬では掴んで引っこ抜くだけで収穫できたネギですが、
今は一日中解けない畑の土にガッシリホールドされており、
引っ張れども抜けず・・・。

力づくで引っ張ればプチッと真ん中でちぎれてしまいます。
ということでスコップでガシガシ凍った土をかち割って
表層面の下まで手を突っ込んで抜きます。

もうつるはしが欲しい!


そういや親父からもらったコンクリートを割る振動ドリルがあったから
今度ネギの収穫に動員してみようかと結構本気で考えてみたり(笑)。


しかし寒さで本当に野菜は甘さが乗ってます。
DSC_0435.JPG
こちらチヂミほうれん草。
もうね、甘味を足した?っていうくらい甘味が乗ってます。
写真はないけどチヂミ小松菜も最高に美味しくなってます。


寒さで傷んだ葉っぱが多くなって、
そういう葉っぱをお掃除すると一株が小さくなって、
想像以上にたくさん収穫して、お掃除に時間がかかって大変ですが、
やっぱり美味しいものを出荷できるのは嬉しいですね!


寒さも悪いことばかりじゃないですね。
でもはよ春よ来い!

悩む日々

年明け早々に悩んでます。


深く悩んでいます。


今年何を作るか?


いやまあ、何でも作るんですけどね。

トマトって言っても大玉、中玉、プチトマト、加工用、赤、オレンジ、緑、ゼブラと
もう種類もたっぷり。


成長速度や生育温度帯が違う「早生(わせ)」や「晩生(おくて)」も使い分けを考えなきゃいけないし。


そんなこんなで
さまざまな種苗会社のカタログと睨めっこ。
DSC_0431.JPG

でも結局師匠のところと同じ品種にしちゃったりして。


悩ましいけど、
すべてのデザインが自分でできるのだから
実は楽しい作業でもあったりするんです。


今年立てた計画がたたき台になって来年の見直しに使われる。
PDCAサイクルが短いのか長いのか。


さぁ、悩んで悩んで最高の計画を立てるのだ、おれ!

大豆の脱穀終了

年末に結局やり残した大豆の脱穀をやっとこさ。

脱穀機を借りて
DSC_0424.JPG
ゴウンゴウンと機械で
枝についた大豆を機械でむしりとる。

細かい枝や鞘がどうしても
一緒に交じっています。

DSC_0427.JPG

それを唐箕と呼ばれる
人力風車選り分け機で、豆とカスをわけて出来上がり。

DSC_0428.JPG

完成写真は撮り忘れました。


この大豆で自家用のお味噌を作る予定。
さあ、1月からどんどん仕事をこなして行って、良いスタートを切るぞ!
(と意気込んで去年のやり残しを一つ消化 (笑))

2012年明けましておめでとうございます。

DSC_0398.JPG

明けましておめでとうございます。
昨年は多くの皆様からのご厚意、本当にありがとうございました。
今年もよろしくお願いいたします。


昨年は
コトコトファームが産まれた年でありました。

なんともつたない足取りでのスタートではありましたが、
多くの皆様のご支援を頂くことができました。

今年は
農家としての地盤を固める一年にしたいと思います。


まずは販売をスタートして約3か月を振り返り、
改めてコトコトファームとしてのテーマを決めました。


「野菜を通じて感動をお届けする」
野菜セットという商品を通じて、受け取ってくれる方に
単なる野菜のみではなく、なにか+アルファをお届けできるようになりたいです。
その+アルファは受け取る方それぞれ違うでしょうが、
感情を動かす(「感」「動」)何かをお届けすることを目標に頑張っていきます。


今年の経営目標は自らのうちにしっかりと刻むとして、
今年の目標達成、農家の基盤作りのための行動指針として
・健康管理
・整理整頓
・良質なINPUTとOUTPUT
・栽培における観察の徹底
を日々徹底していきたいと思います。

これは当たり前のことのようでいて
忙しくなるとすぐ後回し(もしくはおざなり)にしちゃうんですね。
当たり前のことが当たり前にできるようになるところから始めます!
自営業は自律と克己ですね。


堅苦しい内容ですが、
なによりこの目標を達成することが
僕にとっての仕事を通じた喜びや楽しみなのですよ。


さて今年も皆様、
コトコトファームとお付き合い、よろしくお願いいたします。