So-net無料ブログ作成

元気をもらった

何だかここ2週間ほど
風邪がこもってしまったようで
大きくダウンすることはないけれど
ビミョーに熱っぽかったり、鼻水が止まらなかったりで
平日の出荷業務や販売は何とかこなせても、週末はちょろっと作業をしたら
大事を取って休むということが続いていました。


風邪で休みをとっても全然楽しくはないわけで、
どんどん後回しになる作業が気にかかり、
取れるはずだったお正月の休みを潰す覚悟を決めてみたり、
優先順位の低い冬の間にする住居改善作業は来年に持ち越すかと考えたり。


つまるところ前向きな思考回路にならないわけで、
モチベーションも下がるというものです。


ましてやここ数日朝の冷え込みは毎日マイナス10℃近く。
昼間でもバケツの氷は解けません。



そこに追い打ちをかけるように
土に埋めた大根が、にても変にシャリシャリ感が残ると
お客様からの電話が・・・。

掘り返して、試食をすると
まれにそういう大根に当たる。
包丁でスパッと切って、数分置くと切り口がぼつぼつするのが特徴だと発見。

PCで原因を調べるもはっきりわかるものはなく、
掛けた土が薄すぎて凍ったのが原因かと自己分析。


貯蔵のダイコンで痛みが出ると今年の冬の出荷が・・・。
大根無しで野菜セットを組めなくもないですが、大根は冬の主役野菜。
魅力がグーンとダウン。


体調不良に起因するモチベーションダウンと、就農以来初の大きな失敗に
正直、泣きそうな気分でクリスマスを過ごしていました。

今日、少し体調も持ち直し、
気温も7度近くまで上がって暖かな中、畑を見回っていました。
毎日のキツイ霜でどんどん野菜はダメになり、
来春用にさっさとダメになった畝を潰した畑はガラガラです。


そんな中、数少ない緑のエリアであるキャベツの畝を見に行くと。

DSC_0409.JPG

比較写真がないので皆さんにはうまく伝わりませんが、
少しだけ一週間前より大きくなったキャベツが・・・。


もうね、なんだか涙が出そうになりました。
冬なんてろくなもんじゃない。こんな寒さと戦うなんて過酷すぎる!
という泣き言を考えていた自分に、
寒さに負けずに成長しているキャベツ。

野菜の生命力の強さに、感動してしまいました。


つらいときや失敗があっても
季節は巡り、また来春には畑に命が噴き出します。
その時に立派な野菜ができるように今から目に見えない準備をしておこう。

寒さに、失敗に負けて立ち止まっちゃダメだ。

そう思わせてくれた一瞬でした。


白菜の囲い込み

キツイ霜に当たり続けると
白菜のように何重にも巻いている野菜でも
芯まで傷んでしまうようで、冬の間傷まず保存する方法として
「囲い込み」っていうのがあります。

DSC_0385.JPG
畑の白菜をガシガシ刈り取って

DSC_0388.JPG
軽トラに山積み

DSC_0392.JPG
枯草でベットを作り
その上に並べて、その上にまた枯草の布団をかけてビニールシートで雨を防ぐ。


実はこの作業は寒い地方ならではで、
研修をした千葉では必要のない作業。
初めての作業だったけど、
先生はそこいらへんの家庭菜園の人たち。


昔から今もずっとこのあたりの人は
白菜、大根、里芋、ネギ、サツマイモくらいは自分のところで作っているようで。


逆に白菜を専門に作っている、白菜農家なんかは
こんな非効率的な貯蔵なんてしないで一気に売ってしまうだろうから
こういう囲い込みの技術も家庭菜園をする人と一緒に
絶滅してしまう技術なのかも・・・。


このあたりの人たちは漬物や干し物も全部自分たちでやってしまう。
これまたおいしいのだ。
ぜひ学んでいきたいなーー。

最後の種まき

帰農の冷たい雨(あられ?)の一日から一転、
今日はキーンと冷えた冬晴れの一日!!

今日はエイヤッと今年最後の種蒔き。

今回はホウレンソウ、小松菜、カブ、ネギ、山東菜。

DSC_0375.JPG
マルチというポリシートを畑に引き、
その穴に一粒一粒手で種を蒔く。

DSC_0376.JPG
去年の研修時には、関節が硬くてしゃがむのが苦手でしたが
今年でしゃがむのにもなれ、ひたすら黙々と種蒔き。

DSC_0377.JPG
最後に
パオパオと呼ばれる不織布をかけ
トンネルと呼ばれるポリシートを設置し防寒・保温。

こういう資材の助けを借りて
この厳寒期に芽を出し、体を育て3月くらいに収穫できる(はず)。


霜が解けたばかりの冷たい土に
一粒づつ種を手で蒔くと、播種機で蒔くときと違って
種へと僕の想いをこめて蒔くことができる。

凍てつく時期だが強く逞しく育ってくれよと。

蒔いている自分も寒いから、なおさら祈るように願う(笑)。


命ってのはスゴイと凍てつく日暮れに思う。

程良い労働時間

いやぁ皆既月食が見事だったようですね~。
僕は月が欠け始めるころには完全に夢の中でしたけど・・・。

小学生が無理無く見れる時間帯じゃないと僕は見ることができません。
あ、でも最近の子は平気で11時とかまで起きていられるんでしたっけ?


12月も冬至に近付いてまいりました。


最近は日が出ている時間がほんとに短いです。


朝6時過ぎにようやく明るくなり、
夕方4時半にはもう手元がおぼつかない感じです。


したがって畑作業をできる時間も制限されるわけで・・・・。


夏の超長時間労働の時と比べると屁の河童~。
のはずなんですが、短い時間にすることはまだまだてんこ盛りで、
バタバタしているのと、作業時間が短いと体も楽を思えてしまうのか
なんだか負荷のかかり具合は大して変わらないのではというのが実感値です。


まあ、夏と同じ量を食べていて確実に脂肪はついているので
カロリー消費量は減ってますな、確実に。


さて、最近の作業を一気にアップ!!

DSC_0360.JPG
干し野菜作り!!カラフルでキレイです。
大量に干しても、水分が抜けるとスゴイ少量に・・・。

DSC_0370.JPG
寒さ対策と貯蔵のために白菜を縛って霜に当てます。
サイバイマンとか生まれないかな・・・(笑)。


DSC_0368.JPG
秋作の終わった畝に、ヌカを巻いて来春まで寝かせます。

DSC_0371.JPG
肥料置き場、兼、発酵肥料を作るためのハウスを建設中。今年3棟目。
畑作業は好きだけど、大工的作業は億劫で仕方がない。
とは言え、必要なので重い腰を上げました。

DSC_0369.JPG
生後半年を超え、すっかり大きくなり不細工面を見せてくれるようになったダイちゃん。
しかしこれはヒドイ・・・。飼い主に似てかなりな大喰らい。
こやつも野菜食ってくれんかなぁ。


なんだかんだでやっぱりのんびりな感じの作業風景ですね。
でも今年中にやる事は盛りだくさん。
カレンダーとTO DOリストとにらめっこな日々!

野菜セットのお便りより 第10号

今週当たりから今年のお届けが最後になるお客様がいらっしゃるので、

お便りの場を借りてお礼申し上げます。

今年のコトコトファームのスタート時期をご支援いただき本当にありがとうございました。

自分が目指していたスタイルが一歩前進できました。

まだまだ始まったばかりではありますが、本当に充実した一年でありました。

皆様のご支援のおかげです。

来年もより美味しい野菜と喜びをお届けできるよう頑張りますのでよろしくお願いします。

さて、ここに引っ越してきて農業を始めるようになり、一番よく使う言葉が変わりました。今年の一番使った言葉は間違いなく「ありがとう」です。

  今までは僕の性格もあってか「すみません」がダントツの一位でした。

  別に悪いことや失敗ばかりだった訳ではないですが、

  「ご迷惑かけてすみません」的な使い方が多かった気がします。

 

  それが今年は本当に感謝すべきことが多く、

  関わる人のほとんどに「ありがとう」を言っていた気がします。

 そしてちょっと自己啓発本みたいですが、「ありがとう」は魔法の言葉だと実感。

 感謝するとき、自然と人から自分へのご厚意を感じます。

 幸せ。

 そしてお礼をしたくて「どう喜んでもらえるかな」と考えて、

 些細なことでもお返しして相手の笑顔が見られたらやっぱり嬉しい。

 本当に今年は自分が一人の力で生きているのではなく、

 周りの人に支えられて生きていることを、無力感ではなく、

 むしろ正反対の喜びと共に実感することができた一年でした。

 

  周りの方のご厚意にしっかり応え、それ以上のお返しができるよう、

  僕は「自分の畑」でがんばっていきます!

 年末は12/31(金)のお届けが最後です。年始は1/4(水)からお届けです。一回休みやお届け週の変更あればご連絡ください。あと年末年始便は道路渋滞状況によりお届けが遅れる可能性があるとのことです。あらかじめご了承ください。

 ~今週のセット野菜~なるべく前回のセットと違いを付けるようにしているため、人によって中身が違っています。今回野菜セットに入る可能性がある野菜で、特記することが野菜を書きますね。高菜・・・漬物で有名な野菜ですが炒め物などでも美味しいです。簡単な漬け方もレシピを付けたので挑戦してみてください。縮みホウレン草・・・アクが少なく甘みたっぷりホウレンソウです。ちょっと小ぶりで軸も細いので生食もできますよ。キャベツor白菜・・・キャベツは肥料不足で巻きが甘いです。ふわふわの軽々でボリュームなくて済みません。カブ・・・こちらはグングン味が乗ってきています。保存をするときは葉っぱを切り落として保存してください。カボチャ・・・種とワタから痛むので保存するときはワタを取ってください。縮み小松菜・・・これからグングン甘さが乗ってくる小松菜です。里芋・・・電子レンジでチンでも茹で上がります。クリームチーズと合わせてマッシュして醤油を垂らすとサトイモサラダの出来上がり。いろんな料理に使えて便利な野菜なんですよ!8℃以下にしなければ長期保存可能。サツマイモ・・・長期保存が可能です。寒い場所(12℃以下)が苦手なので、暖かい場所(いらない毛布にくるんで冷え込まない場所に)でおいておくと長持ちします。好きな時に召し上がってください。ゴボウ・・・近所の慣行農法の方から仕入れたゴボウです。体を温める効能のある冬野菜です。キンピラ、サラダ、煮物、鍋など様々な料理で使えます!

お歳暮セット承ります!

ギリギリですが、
コトコトファームお歳暮セットを承ります。

お世話になった方へ、
今年は一風変わったお歳暮でサプライズしてみませんか?
野菜10品目を梱包し、ご指定の住所へ発送します。

お歳暮セットの野菜の内容(予定)
・大根
・白菜(ミニ)
・ネギ
・サツマイモ
・里芋
・カブ(白かぶと薄紅カブ)
・人参(赤と黄色の2色)
・ジャガイモ
・カボチャ(1/2カット)
・ごぼう(慣行栽培のごぼうになります)

注文の際に、品目入れ替え相談に応じさせていただきます。

・すぐに傷む野菜は少ないので、使い切るのにお時間がかかる状態だったとしても大丈夫です。
・おせち料理にも使えます。

価格は2200円プラス送料で。
関東・東北・中部東海地方 700円
関西 800円
中国・四国・九州地方 1000円
となります。
また到着までの所要時間はそれぞれお問い合わせください。

発送日は
12/13(火)、16(金)、20(火)、23(金)となります。
3日前までにご連絡いただけますようお願いします。
またお歳暮セットは15セットくらいしか組めませんので
なくなり次第締め切らせていただきます。

注文・質問などは下記まで

kotonapple(@)gamil.com   *()を外してメールしてください。

FAX:0295-55-8750

 大切な方へのお届け物に失礼がないように、注文頂いた後、電話で打ち合わせさせていただければと思いますので、ご注文の際は電話番号と、お電話差し上げるのに都合がよい時間を教えてください。 

お気軽にどうぞ!


ガヤガヤ☆カミスガ終了~!

ブログアップが遅れましたが、ガヤガヤ☆カミスガ終了しました。

関東経済圏は茨城県の中でも北部に位置する水戸市までで、

そこより北部は本当に東北の入り口経済圏です。

 

電車の数もぐっと減り、ビジネスパーソンが車両からグググッと減ります。

そんな中、北部地域に伸びる地方電鉄の分岐駅を、

「新しい県北のハブステーション」として魅力的なものにしようと仕掛けたのが今回のイベントでした。

ただ単に出店を並べるだけじゃなく、大学漫才研究部を呼んだり、三輪車耐久レースをしたり

運動場で親子参加型ゲームをしたり遊び心満載!

今回も2000人以上は集まっていたと思います。

 

気合の入った有機農家共同の「農家の野菜スープ」は

DSC_0353.JPG

ずいぶん売れ残り、

 DSC_0356.JPG

野菜の販売も全然でしたが、

多くの出会いがあり、面白い話も聞けたし有意義な一日でした。

何より周りの先輩たちとコラボしてイベントを出せたのが感慨深かったです。

売上結果はともかく、一軒の農家では出来上がらない商品を今回作り上げることが出来ました!

小さな小さな一歩かもしれませんが、県北西部でこっそり力を付けていって

ちょっと面白い企画なんかできるといいなぁとか思いました。

 

とはいえ、今年のバタバタイベントはこれで終了です。

野菜の売り先を見つけるため、秋口あたりから多くの行事に参加してきました。

お陰様で多くの人と知り合うことができ、ワクワクすることもいっぱいでした。

ただちょっとキャパオーバーになりつつあるなと感じることもしばしば。 

 

農家のまさしく「土台」である生産・土壌作りに関して、

考えを駆け巡らせる時間は明らかに減っていました。

 

 この時期は播種も育苗もなく、比較的畑に縛られることがないのは確かですが、

「おいしい野菜を安定して提供し続ける」ということは、日々の作業の積み重ねです。

どれだけ仕組み作りで面白いことをやっても、村の行事で活躍しても

農家としての土台が揺らげば意味がない。

 

ちょっとペースを落とそう。

じっくり畑と向き合わねばと思い始めていたところです。

 

来春の作付のための施肥もしなくちゃいけません。

育苗のための温床の準備も必要です。

資材置き場を確保したり、トマト用の雨よけハウスも立てなきゃ。

 

冬に静かに耐えながら力をためて

春にたくさんの苗と共にまたググッと成長できるように準備をしておこう。

 

あ、でも野菜BOXの新規お客様は引き続き大!大!大歓迎!

お待ちしていまーーーーす!

 

興味がある方は

kotonapple(@)gmail.comまで!(@の()を外して送信してくださいね!)