So-net無料ブログ作成

えんやーこら

茨城県北はもう初霜がうっすら降りました。


もうすぐ冬到来です。


昨日はエンヤーコラと穴掘り。

深さ120㎝程の穴を2メートルくらい。
それを2本。


DSC_0277.JPG

決して何かの証拠隠滅とかじゃないですよっ!


イモ類の保存用です。


サツマイモや里芋は意外に暖かい条件下でしか保存がききません。
12℃を下回ると痛み始めます。


だから深く穴を掘って、
そこにイモを埋めて外の寒さから守ってあげます。


そして食べるときにゴソゴソ掘り起こします。
野生動物と同じような行動ですな・・・。


えっちらほっちら冬支度。


千葉に勉強会に行ってきました

今週は水曜日に千葉県の成田市の農家さんに見学に行ってきました。

茨城で毎月勉強会をやっている
有機農家の先輩たちと一緒に行ってきました。

去年まで研修をしていたのが
千葉でだったので、一度お会いしたことのある農家さんだったのですが、
圃場を訪ねて、経営形態を聞くのは初めてでした。


経営としては
僕たちのような少量多品目栽培の個人取引ではなく、
中量中品目で、共同出荷組合に出荷するというもの。
そして同じような農家が集まって、野菜セットを組んでグループで野菜セットを個人客に発送していること。

あ、もちろん皆さん無農薬有機栽培ですよ。


魅力的だったのは
若い新規参入の農家さんが非常に多いこと。

なにせ共同出荷組合が販売ルートを確保しているため、
事前に打ち合わせをして生産をすれば、作物は買い取りをしてくれる。

これは何よりありがたい。

僕なんかは、栽培技術に不安もあるため、多めに野菜を作付します。
でも野菜は生き物なので、収穫敵機を過ぎると売り物になりません。
そして売り策が見つからなかった野菜たちは捨てられるしかありません。

生産から営業・販売まで全部クリアしてやっと収入につながります。

出荷協同組合が買い取りをしてくれるということは
生産がうまくいけば、初年度から収入がある程度目安がつきます。
これは新規参入にはものすごくありがたい仕組みでしょうね。

そして元気な新規参入者が増えるため、
若者のネットワークで新しいスタイルの模索が始まっているようです。


僕は個人経営をしていて大変だけど、自分一人で意思決定できるし、
なにより自分のお客様と顔が見える関係が本当に幸せなので、
当面、現在の方針で頑張っていきます。


ただ自分の地域を考えると、
あと20年たった時に過疎化が進み、
自分は農業やれてても地域は荒廃しきっているというのは絶対嫌だ。


もっと新規参入者が来やすい条件を作っていくというのは、
自分の経営うんぬん以外で、地域活性化の意義は大きいと思う。


まずは自分の生活を安定させるのが最優先とはいえ、
将来、当面のハードルをクリアした後の次のステージが垣間見えた気がしました。


若い人が活き活きと生きていける地域になってほしいと思うし、
そういう地域になれば、ますます楽しくなると思う。


あぁ、ワクワクしますね。

でもまずは自分の足元を固めなきゃ。


見学のもう一つの感想。
DSC_0272.JPG
「なんて草をきれいに管理しているんだ!!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ~あ、反省。

収穫の秋にワイワイと

この週末は
高校時代の友人@東京が集まってコトコトファームに遊びに来てくれました!!

久しぶりに会うメンバーに
もうテンションあがりっぱなしで
BBQをして夜中までお酒を飲んで騒ぎました。

楽しかった~。

暑い日の作業終わりにグイッといくビールもうまいですが、
やっぱり友達とワイワイ飲むのが一番うまいですね。
久しぶりに粗相をしそうなくらい飲みました。
(昔はよく粗相をしたなぁ)


翌日は畑を案内し、
サツマイモの収穫を手伝ってもらいました!!

DSC_0267.JPG

35メートルの畝3本。
一人だと丸一日&ヘロヘロを覚悟していたのですが、
5人のお手伝いがあると早い早い(笑)。

2時間くらいで終了。
しかも世間話をしながら。


本当にみんなありがとう~!


いろんな人に支えられていて自分は本当に幸せもんだなと感じる。

また遊ぼうね!

販売開始で

野菜セットの販売を開始して約2週間がたちます。


多くの友人や先輩・後輩、知人に支えられてスタートを切ることができました。
本当に感謝です。


この仕事を始めてから思うことは
本当に生活と仕事と人生がリンクしているなぁと感じることです。


日々あいさつを交わす人や、時節のはがきを送る人とのやり取り
普段の行動の積み重ね・・・。
仕事とプライベートがくっついている職業柄、
ONとOFFの切り替えなんて言葉はほぼ存在しなくなりました。


でも、自分が思いを込めて野菜を作り続けることで、
お客さんに喜んでもらえたら・・・
家族が幸せに暮らせたら・・・
地域に貢献できたら・・・
そしてこういうことは全部リンクしているんだろうなとシミジミ感じるようになりました。


まだまだ入口に立ったばかりです。

まずは有形・無形で僕たちを支えてくれている人たちのためにも
頑張っていこうと思います。

これからもコトコトファームをよろしくお願いいたします!!

ご縁に感謝な一日

昨日の
「フンドシ締め直してガンバルゾ」
という意気込みで朝起きたら、
まだ雨がシトシトと。

でも雨でもできる仕事はある!と
ハウスの中でイモ穴掘り決行。


穴掘りって意外に重労働。
重労働中は思考がどんどん単純化することが多く、
なぜか今日は頭の中で
「墓穴を掘る」
という不吉なフレーズがヘビーローテーション(笑)。


まあ、里芋分は掘れました。

DSC_0251.JPG


そんな不吉なフレーズをグルグル頭の中で回らせていた時に
ご近所さんから電話が・・・。


「野菜の保冷庫を譲ってもらえるっていう話が出たけどいる?」


もちろんですとも!!
新品買えば最低40万円~の高級品。
ありがたやありがたや。


お昼には佳奈のお婆ちゃんの幼馴染がこの地域にいるということで
わずかな情報を頼りに人探し。
田舎パワーは結構すごく、幼少の頃の下の名前だけで
意外にあっさり探し当てて70年ぶりの再会。


微笑ましく見守りながら、話を聞いていると
なんとその幼馴染の方は
婆ちゃんのお母さんの妹の娘さんだということが話の流れで判明!!


それって一言でいうと従妹じゃーん!!


当の婆ちゃん二人以外、
今まで婆ちゃん同士の縁がある他人だと思っていたが
そこで親戚なんですね!
とか驚きあう。

「言ってなかったっぺか?」

はい、聞いておりません(笑)。


まあ、近所に親戚がいるというのは僕たちよそ者には
いろいろありがたい話なので、めでたしめでたしなんですけどね。
笑いました。


夕方からは
近所の方の炭焼きのお手伝い。
すでに焼きあがった炭を、窯から出して掃除するのを手伝いました。


お目当てはクズ炭。
畑にも使えるし、我が家にある囲炉裏にも使いたいので。

DSC_0252.JPG


雑誌でしか見たことがなかった炭窯に若干興奮。
キンキン、カシャカシャといい音を出す炭を取り出し、掃除して顔中真っ黒に。

まあ、もともと黒いんですけど何か(笑)?

そのあと、すでにあった炭を使って
地元の山のキノコでキノコうどんを作る。

囲炉裏で作ったキノコうどんは
濃厚な山車とすごく上品な香りで本当にうま~い。


「秋の味を楽しめて最高」
と思いながら、
「今、何ベクレル食ったんだろう」
という不安も。
まあ汁まで全部飲み干しましたけどね(笑)。
DSC_0253.JPG

クズ炭も普通の炭もたっぷりもらって、
木酢液までもらってホクホクです。


いろんなご縁に感謝を感じた一日。


田舎暮らしはおもしろい!!

ダラダラしちゃった。

今日は天気予報通り一日雨。

雨は雨で、ハウスの中の片づけだの、
サツマイモ。里芋の貯蔵穴掘りだの
出荷が始まって急に増えた書類・事務関係の仕事だの
新しい出荷場所の配置・片づけなど
(あぁ、書いてて気が重くなってきた・・・)
やる仕事はてんこ盛りなんです。


ところが、朝起きて雨音が結構強いのを聞いて
2度寝しちゃったらもうダメ。
8時まで寝ちゃいました(笑)。

初出荷などで気を張り続けた今週の緊張の糸が切れちゃったのかな。


結局、今日は今までお世話になっていたけど、なかなか挨拶できてなかった人に
野菜を配り歩いて、昼飯食べたらまた昼寝しちゃって・・・。
(もうグダグダだなこりゃ)


夕方からは近くの中国から来た奥様(来日20年程)宅で
中国料理講習会に夫婦で参加。
今日は講習会はお休みで、中国のいろんなお茶を楽しむ会でした。


ジャスミン茶、プーアル茶、ウーロン茶、発酵茶、八宝茶などいろんなお茶を楽しんで来ました。
お茶ひとつとっても歴史と文化を感じましたね~。
個人的には八宝茶がお気に入り。いろんな薬膳のみが入っていて、
薫り高くてほんのり甘い。


お茶菓子のヒマワリの種も、ベトナム以来で美味しかった~。

DSC_0250.JPG
妻と中国人の奥様。


中国の「医食同源」意識はやはり高く、
冷たいものは体を冷やすからと、
冷たい水は飲まず、ビールなども冷えたものは飲まない。
最近では温ビールとかが流行っているらしい。
温ビールって・・・。


ベトナムとの共通点も色々感じつつ、
やっぱり食べ物は大事だな、と。


とか言いつつ、お茶菓子を食べすぎて
夕飯時にお腹が減らないので、今晩は味噌汁、納豆ぐらいで良いかななんて。


さて、明日からまたフンドシ締め直して野良仕事すっぺな。

頂きもの

DSC_0246.JPG

那珂川で取れた天然の鮎を20尾ほど。
早速塩焼きにして6尾くらいペロッと食べちゃう。

あぁー、ビールが飲みたい!!

贅沢だ・・・。

ちなみにこれは消防団の先輩からの頂きもの。
消防団やってて良かった(笑)。

初めての配達

今日は予定より前倒しで初めての出荷をしました。

思ったよりキャベツの結球が早かったもので・・・。


出荷数は本当に微々たるものですが、
一品一品、野菜を袋詰めするときの気迫が違う。
スーパーサイヤ人みたいになってるかも(笑)。


「おいしいって思ってくれるかな?」
「多すぎないかな?少なすぎないかな?」


いろんな不安もありますが、
10品目の野菜セットが出来上がった時には
「やっとここまできた」
って本当に感慨深かったです。


DSC_0233.JPG


今日の野菜:
キャベツ、大根、ニンジン、カブ、小松菜、レタス2種、ジャガイモ、カボチャ1/2、インゲン、からし菜セット


ここからが本当のスタートですね。


夕暮れの中、水戸市まで軽トラで野菜セットを配達。
ラジオから流れるオールディーズにおセンチな気分にさせられる。


ところで
ちなみに秋におセンチになるのって僕だけですか?






体育祭

今日は村の体育祭でした。

DSC_0230.JPG

小学生からおじい、おばあまで全員参加の体育祭。

最初は
「まあ参加することに意義がある的なダラダラ体育祭だろう」とか
ゆる~く考えていたらところがドッコイ。

地区別対抗でかなりアツイ。
老若男女揃って、
「今うちは何位だって!?」
「次の競技はこういう作戦で行くっぺ!!」
「プッレッシャー感じなくてもいいけど、期待してっぞ!!」←(プレッシャー?)
などそりゃもう地区一丸。

まあ、うちの地区は特に仲良しで勢いがあるってのも事実ですが。

おかげで結果は総合第2位。

僕は綱引き参加で優勝。
佳奈はリレー参加で2位。


さらになぜか僕が選手宣誓を任せられるなど、驚きの大抜擢。


よそ者を温かく受け入れてくれる地域の皆さんの懐の深さに感謝です。
そして年代の壁を越えて、応援をしあう暖かなつながりは
本当に失いたくない大切な文化だなと心から思いました。


夕方4時からの飲み会でも、
僕も佳奈もビールを注がれまくって、
6時過ぎにはノックダウン状態でフラフラ帰宅。
すでに一眠りしてのブログ作成です(笑)。


ほんとに良い地域に越してきました。
ここの地域にしっかり根ざして貢献していきたいなと思った一日でした。

地を這いつくばって・・・

玉ねぎは僕の大好きな野菜の一つ。


味ももちろんおいしいし、何よりどんな料理でも使える汎用性抜群。


そして貯蔵が効く!!(←これは僕みたいなセット野菜農家にはかなり重要だったり)


とにかく玉ねぎは力入れて作ってます。


でもね、でもね、夏の定植フェスティバルが終わって、気を抜きすぎました・・・。


少しの間、玉ねぎ畑を見に行ってなかったら、
ハイいつものセリフです。

クサボーボー。


太陽熱マルチ処理をしたので大丈夫だと思っていたら、
スギナという、地下1m以上で横に根を伸ばして、そこからググッと生えてくる雑草がボーボーに。

玉ねぎは初期生育が遅く、発芽して3週間は立とうというのに、
まだ1,5㎝くらいのヒョロっとした芽があるだけ。

このままでは草に負けてしまう!!

ということで、スギナをひたすら引っこ抜く一日。


DSC_0229.JPG

右が除草した畝。
左がこれから除草する畝。

玉ねぎの株元に生えているスギナは手で抜き取るしかないので、
本当に一日地面に這いつくばって草抜き。

途中で単調さに飽きてきてしまい、
スギナは乾かしてお茶として飲めるそうなので、
「このままスギナ畑にして、霜が降りる前にスギナ収穫しようか・・・」
とか、心に潜む悪魔が呟いて来たり(笑)。


しかし150m分も玉ねぎを播種したので、まだ半分しか除草できてません。
明日は村の運動会、そのまま反省会という名の飲み会へ。


こりゃー、月曜日も祝日とか関係なく畑だな。
子供がいるとこういう時、ひんしゅくを買うんだろうな。


それでも、何人かさっそく野菜セットを申し込んでくれる人がいて、
買ってくれる人の存在があると、なおさら気合が入ります。

というわけで、明後日も地に這いつくばります(笑)。